KOUKENnoIE instagram 外部リンク

オーナーズブログ

2018.09.21.fri

王道

オーナー:  nero

考

Whats new

Voice

みかん畑と山が見える家

好きなものが共通してつながった。
考建さんとの家づくりは、運命的な二度目の出会いがきっかけです。

メイン道路から測道に入り、さらに細い道をくねくねと進んで行くと、緑豊かなみかん畑の景色がパッと開き、その向こうにK様邸が現れた。焼き杉の黒い壁、緑青(ろくしょう)を思わす緑色の屋根と煙突。絵に描いたようにかわいい佇まいに「わぁ!」っと感嘆の声をあげてしまった。「山が見える所に住みたい」というご夫妻の理想を求めて、奥様のご実家に近いこの場所に新居を設けた。以前は名古屋市内で築50年くらいの古い戸建住宅に住んでいたけれど、東日本大震災を機に、家族にとって何よりも大切なのは安全で安心な暮らしということを認識し、家を建てる決心をしたそう。家づくりを考え始めた頃、考建との最初の出会いがあったものの条件が合わず、一時は考建での家づくりを断念したK様。その後、ご主人のご友人が考建で家を建てたのをきっかけに再会。当初より考建で建てたいという思いが強かったK様は、運命的な2度目の出会いにご決断。もともとK様は家を建てるのならこの地域で!と土地を探していたところ、担当設計士も好きな地域だったことで思いが一致。こうして理想的な環境での家づくりが始まりました。

山の家 みかん畑と山が見える家 リビング写真

K様ご夫妻は学生時代にデザインを専攻していただけあってかなりのこだわり屋。木材を扱うご主人の仕事柄、家具はオリジナルデザインのものが多く、建具や床材にいたるまで木材はご主人のお見立て。薪ストーブも廃盤になったものを探して、ようやく手に入れたお気に入り。K様ご夫妻と設計士は、好きなものが共通していたから、家づくりも楽しくできたそう。学校までは少し遠いけど、その分、360°見渡す限りのみかん畑の絶景。春はみかんの白い花、夏は青い実、そして秋から冬はみかんが実る豊かな環境は、子育てには申し分のない環境。考建との出会いで、安全で安心、そして快適な理想の暮らしを手に入れたK様ご一家。3人の子どもたちもこの家でのびのびと成長していくことでしょう。

山の家 みかん畑と山が見える家 写真集

初めて考建の家を見た時から、
家を建てるのなら考建で!と決めていました。
公園前のこの立地もとても気に入っています。

名古屋市の郊外、子どもたちの歓声が聞こえる公園を目の前にしたA様邸。真っ白い外壁と三角屋根が公園の緑に映える。元のお住まいのお向かいさんが考建で家を建て、初めてそのお宅へ伺った時、今まで見たことのない家だったので感動したのだそう。それを機に、A様も家づくりを考え始めた。そして、実際に家を建てることになってからは、考建にまっしぐら!それ以外は考えてもなかったとか。考建は家づくりはもちろん、土地探しから資金のことまでとても親身になって考えてくれる。特に資金に関してはデメリットも含め色々な話が聞けたことで、考建への信頼感がより高まったそう。土地探しに関しては、公園前のこの環境に一目惚れ。そんなA様の思いに応えるべく、設計士は公園からの見え方をとても大切に考え、三角屋根と窓をリズミカルに配置。周囲の風景に馴染みつつも存在感のある家になりました。

街の家 笑顔が見える公園前の家 リビング写真

奥様のいちばんのお気に入りは、ダイニングの自分の椅子から窓越しに公園で遊ぶ子どもたちが見えること。子どもたちの様子が確認できて安心。楽しく遊んでる!とか、またけんかしてる!とか…子どもたちもこの家に暮らし始めて外で元気に遊ぶことが多くなったそう。外壁や室内の壁は全て漆喰。内装ももちろん天然無垢のA様邸。以前はひどいアレルギーに悩まされていた奥様も、この家で暮らし始めて徐々にその症状が緩和。今ではアレルギーの症状はほとんど出ないそう。漆喰が家中のイヤな匂いを吸ってくれるんです。だから、我が家は木の香りがいっぱい!と奥様。リビングの吹き抜けからは、やさしい光と心地よい風が通り、夏は涼しく冬はあたたか。公園もそうだけど、家でも子どもたちが元気に走り回れることが嬉しい。リビングに面したウッドデッキは、子どもたちの格好の遊び場。ご主人が植えた庭のシンボルツリーが家族をやさしく見守ってくれる。

街の家 笑顔が見える公園前の家 写真集

詳細ボタン

Lecture

WORKS

KOUKEN 音と家はつながる

KOUKEN 音と家はつながる