BLOG ブログ

2010/11/13.

恵那市で上棟!餅投げもありました。

DSCN1917
恵那市で上棟でした。
守山展示場に近い場所でお仕事をされている親戚の方の紹介で
恵那から見学にいらっしゃって気に入っていただき、
プラン提案をさせていただきました。
私たちの提案をとても気に入っていただき、
予算面では苦労しましたが、デザインのお仕事をされているご主人が最後まで私たちのデザイン提案に対してのアイデンティティを尊重
してくださり、今日という日を迎えることができました。
その気持ちだけでも本当にうれしかったです。
DSCN1905
この場所は恵那のまちから少し東へいった高台の素敵なところで、
山が好きな私にはとても理想的な場所。
立派な母屋の隣に平屋プラスちょっと変わった屋根裏部屋とでもいうべき個室が2つ配置された家で、みんなが羨む平屋の家となっています。
リビングは平屋ならではの低い勾配天井。
坪庭があって、玄関と和室と浴室から見ることができます。
DSCN1904
最近坪庭のある家を手掛けることが多く、3件目となります。
皆さんの思いはひとつ、「お風呂から外を見たい。」
いや~贅沢です。
2階からは恵那の山並みが望めます。
DSCN1906
3時半には仕事を切り上げ、上棟式を行いました。
DSCN1903
親類の方などからお酒やお餅がたくさん届けられ、
ひな壇に3段になって飾られていました。
みなでお祓いをした後、屋根に上り餅まき。
DSCN1911
ご主人は礼服に着替えてふるまっていらっしゃいました。
DSCN1914
もちろん下ではご近所の方や友人の方が集まって、餅やお菓子を
もらっていらっしゃいました。
DSCN1912
私自信、過去を通して2回目の餅まき。
最近では少なくなりましたが、風習というのはいいものですね。
そのあとは、母屋でお食事。
写真を撮り忘れましたが、母屋の居間は勾配天井でとても高く、
また20帖くらいの広さがあって、20人以上が入っても
広々。
なんだか旅行で山間の旅館にでも来たかのような立派な空間でした。
DSCN1918
何もかもか丁寧にもてなされ、お客様ご家族のゆったりとしたやさしさに溢れた時間を過ごさせていただきました。
「もしよかったら上棟したばかりの新家にでも泊っていって、
ゆっくりとしていきなさい」と言っていただいたお父様。
完成したらお願いします。
またまた楽しみな現場がひとつ始まります。
DSCN1916