ENERGY SAVING 省エネ

環境に配慮しながら、夏涼しく冬暖かい。

Point01.省エネ

  1. 01. 屋根ルーフィング(遮熱型透湿ルーフィング)
    野坂板裏面温度をサーモグラフィー測定結果 写真
    野坂板裏面温度をサーモグラフィー測定結果 写真

    屋根材の下地となる防水のためのシート。

    チタンを配合することで、屋根裏の熱を約6℃低減することができます。また屋根裏の湿気を透湿するので、結露による家の傷みを防ぎます。地球温暖化対策および高断熱化による省エネ効果も期待できます。

  2. 02.セルロースファイバー(断熱材)
    セルロースファイバー 素材 写真
    セルロースファイバー 素材 写真

    セルロースファイバーは、ロックウール(石綿)、グラスウール(ガラス繊維)、発砲スチロール系の断熱材と比較すると、断熱機能はもちろん、吸放湿性能や防音・防火、防虫作用もあり、数多くの付加機能を持っています。

    断熱材に使用するだけで、断熱性能だけでなく吸放湿性能が上がり、適度な温度を保つことができます。さらに、適温に保つことで室内や壁内の結露を防ぎ、カビの発生を抑えることで構造強度の劣化を防ぐ効果があります。

    省エネ効果も高く、室内の温度が一定に維持されるため冷暖房機の使用頻度も少なくなり、光熱費の削減にも効果的です。

    快適に暮らす家族 写真
    快適に暮らす家族 写真

  3. 03.樹脂複合サッシ+Low-Eガラス

    家の中で一番熱を逃がしやすいのが窓や扉といった"開口部"です。断熱性能が低い住宅はガラスやサッシから熱が逃げてしまうことが主な原因です。樹脂複合サッシは熱伝導率が高いアルミを使用するよりも、熱が伝わりにくい樹脂素材を使用することで、室内の温度を逃がさず外からの冷たい空気を伝えにくくします。

    樹脂複合サッシ+Low-Eガラス 写真
    樹脂複合サッシ+Low-Eガラス 写真

    Low-E(特殊金属膜) 断面図  写真
    Low-E(特殊金属膜) 断面図  写真

    Low-Eガラスは、複層ガラスに『Low-E金属膜』を貼り付けたもので、熱線や赤外線・紫外線も防いでくれる高機能ガラスです。

    樹脂複合サッシとLow-Eガラスを合わせることで外からの熱伝導を大幅に抑えることができ、光熱費の削減を手助けしてくれます。

    • ※1階のみ防犯ガラスまたは面格子付きです。
    • ※準防火地域では使用できない可能性があります。

  4. 04.木製断熱の玄関ドア

    高さ2.200mmの木製のドアを標準化しています。内部にはガルバリウム鋼板を挟み、湿気や衝撃などで扉が反ってしまうのを防ぎます。

    また、扉の中心部には硬質ウレタンが充填されているので高い断熱性能を確保します。

    高い断熱性に合わせて熱伝導率を下げるダブルの効果で、省エネ化の促進を図ります。

    木製断熱の玄関ドア 断面図 写真
    木製断熱の玄関ドア 断面図 写真

  5. 05.ガス仕様
    ガス(ecoジョーズ) ロゴ
    ガス(ecoジョーズ) ロゴ

    次世代の省エネのあり方として、電気に頼らず暮らす方法を考えてガス(ecoジョーズ)を標準仕様としています。

    独自の排熱回収システムにより、大気中への不要な熱の放射をカットすることでCO2排出量を13%カットし、給湯熱効率を95%まで向上させることができます。少ないガスでお湯を沸かすため年間単位で大きなガス代の節約になり、省エネ効果も期待できます。

  6. 06.ZEH
    KOUKEN no IE コウケンの家 ロゴ
    KOUKEN no IE コウケンの家 ロゴ

    KOUKEN no IEの仕様はZEH基準をクリアしています。

    ZEH申請を希望されるお客様はスタッフまでお問い合わせください。