OWNERS BLOG オーナー ブログ 考建の家を建てたオーナーさまの暮らしを綴ります

2017.09.15.fri | オーナー:みかん畑にかこまれた家

完成見学会へ

少し遅れての投稿ですが、「安城の家」の完成見学会に行ってきました。

“完成見学会”はいつもいつも気になるけれど、
既に家を建てた私たちが邪魔しては・・・とグッと我慢。

しかし今回のお宅は夫が仕事でお世話になりまして、その仕上がり具合を確認しに(という名目で)。

薪ストーブのある土間から和室へ上がる縁板と、その壁に据えられた飾り棚板を、
国産のクリ材にて納めさせていただきました。

思いかえせば、
私たちが家づくりをした時は、予算的に「妥協」だらけで、
その負の2文字を「身の丈に合った選択」に置き換えクジけず頑張りました(笑)

その一方でこちらのお宅には一切の「妥協」を感じられず、
それでいて「身の丈に合った選択」をされている、という雰囲気に満ちておりました。

床、瓦、お風呂、壁・・・・随所随所に溢れる素材感にたかぶりながら、
御宅を通じて施主さんの「素材への慈しみ」を感じました。
これから施工が始まるというお庭の仕上がりも、とても楽しみです!

お施主さん、考建のみなさん、
素晴らしい機会をありがとうございました。

オーナー:みかん畑にかこまれた家

“完成見学会へ” への2件のフィードバック

  1. nero より:

    私も完成見学会に行きたいなぁと思っています(笑)

    取捨選択しながらみかんさんのあのお家が出来たとするとみかんさんも設計さんもすごいセンスですね。
    特に扉と外壁とかうっとりです。

    うちも我慢は多かったです。
    ただ、過剰にならなかったと生活することで気付きました。
    日々を過ごしてからまた設計士さんのセンスに驚きます。

    そういう意味では完成見学もですがオーナーさんの生活シリーズとかも見たいですね

  2. みかん畑にかこまれた夫 より:

    あれもこれも、の足し算よりも、どれをどのくらい削ぎ落とすかの引き算のほうがその匙加減が遥かに難しくセンスが問われるものといつも感じています。
    外壁はコスト範囲内の選択肢に偶然にも当てはまったもので、変わり者のわが家には適材適所だ!と二つ返事で。
    玄関ドアは材木屋さんの木材が良かったのが大きいかと(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です