COLUMN 考えて建てる

コウケンの家×健康素材

家に長く愛着を持って暮らして欲しいと願っています。

コウケンの家ではいろいろな木の家を扱っています。

その根底にある考えは「丈夫で長持ちする家」です。構造や断熱は当然ですが長く愛着を持って暮らしていく、そのためにどのように家をつくるかを大切にしています。

自然の写真
自然と遊ぶ、子供の写真

ますは、健康素材であること

自然素材にこだわりクロスや新建材は一切使用しません。

私たちが考える「健康素材」とは化学物質を最大限まで排除した素材です。健康素材を使った空間で暮らすことで家族がみんな健康になる、つまり健康を増進する家「健康増進住宅」をつくることを大切にしています。

そのためには健康素材の選び方も重要です。例えば床材。ナラやサクラなど硬くて傷がつきにくい広葉樹は木材自体に空気層が少ないため冬冷たいのです。もちろん暖房方法などで床の冷たさはある程度カバーできるのでご安心ください。逆にパインやスギなどの針葉樹は柔らかくて傷がつきやすいけれども冬に暖かいです。つまりいつも裸足で暮らしたいという方にはパインやスギなどの針葉樹を使っていただきたいのです。

一概に木の家と言っても、どのような暮らしを望まれているのかによって選ぶべき自然素材も全く変わってきます。こういったことを一つ一つお客様とコウケンの家のスタッフで話し合って家づくりをしていくことで身体的にも精神的にも健康でいられると考えています。

フローリングでくつろぐ、ウサギ 写真
「呼吸する」こと

日本は四季のある国ですので梅雨に多湿になるかと思えば、冬にはすごく乾燥します。そんな1年サイクルで住環境が変化する日本に適した家は、やはり木造住宅だと思います。高気密高断熱化し続けている日本の住宅ですが、考建の考えは少し違います。昔ながらの建て方に最新の良い技術を組み込んでシンプルに建て、その上で住宅に求められている性能を確保していくのです。考建が大切に大切に守り続けていることは家が呼吸するかどうかということです。

コウケンの家は室内にたくさんの健康素材を使うので、室内で私たちから放出される湿気や梅雨時期の湿気を内装材が吸収してくれます。壁内に吸収された湿気は構造材である柱や梁がまた吸収してくれます。そして天気が良くなって空気が乾燥してくると放出してくれます。そうすることでいつも心地よい住環境が生み出されます。この流れをスムーズにするためには外壁から室内まで空気や湿気が透過する仕組みとしなければいけません。そのために適した断熱材や下地材、面材を使用することが私たちのこだわりです。

「丈夫で長持ち」を実現するためにコウケンの家は木造軸組工法にこだわっています。

木造軸組工法とは土台と柱と梁で組み上げ、筋かいやパネルによる耐力壁で地震に対して強度を確保する建て方。将来増築やリフォームをする場合にも耐力壁の見直しなどを行うことで壁を取って部屋を広げることにも柔軟に対応できます。また構造材が自然素材である木でできているので加工や補強もしやすいのです。つまり将来に起こりうる使い方に合わせて使い回ししやすい家のつくり方こそが丈夫であり、長持ちすることだと思っています。

幸せそうな家族 写真
その一方で、健康素材(自然素材)にもデメリットはあります。

その一方で、健康素材(自然素材)にもデメリットはあります。

自然素材の床材には植物性のオイルを塗ります。それは木の呼吸や肌触り、ぬくもりを生かしてくれる塗装方法です。新建材などに多いウレタン塗装という木の表面を被膜してしまう塗装は洗面やトイレなどの水に濡れやすい場所以外は使いません。その代わりに1~2年ごとにオイル塗装が必要となります。でもニスのようにきれいにツヤを出すのではなく、染み込ませるだけの塗装方法なので誰でもできます。壁や天井に張った板材への塗装は基本的に必要ありません。

ちなみにウレタン塗装をするとどんなに自然素材を使っても木が呼吸をしないので、梅雨時期などは表面が結露してしまいます。マンションの新建材の床がベトベトする感じです。せっかく自然素材を使うことができるならその素材の持つ力をしっかりと生かすべきです。

あと外壁を板壁とすると基本的には3年ごとに塗装が必要となります。私たちは軒下の雨のかかりにくい場所や脚立などで塗れる範囲に自然素材を使用することで、メンテナンスのしやすさを考えてご提案しています。

このように仕上げ材から構造材、そして家のつくり方に至るまでしっかりと考えて、家族がいつまでも家と共に成長していくことこそ私たちが一番大切にしていることです。