COLUMN 考えて建てる

コウケンの家×組織力

考建はただの工務店ではありません。

考建はいわゆる工務店です。

しかしただの工務店ではありません。住宅展示場を持ち、営業と設計と工事監督がいます。

住宅展示場を持ち、営業と設計と工事監督がいます。資金計画から設計、そして施工まですべてひとつの会社で行っており、お客様の家を営業・設計・工事監督のチームが責任を持って最後まで担当いたします。特に家づくりで重要な家の設計をすべて社内の設計チームでしっかりと考えてご提案いたします。工務店というとどこか小さな会社のように感じてしまいますが、設計のみを行う設計事務所や建設工事しか行わない建設会社とは違い、家づくりのすべての責任を担っているのです。

私たちは家づくりにもっと責任を持ちたいという思いから、住宅ローンの融資や保険の見直しサービス、住宅に関わる点検事業、そして老人介護事業も行っています。

なぜいろいろな事業に取り組んでいるのか?

それは「すべては明日のもっとのために」という考建のコンセプトにあります。家を「建てるまでのお付き合い」から「建ててからのお付き合い」まで責任を持ちたい、その思いを形にしてきているだけです。先にも述べたように家づくりのすべての責任を担うのが工務店とするならば、もっともっとお客様に安心して家づくりを任せていただける組織になるべきである、そのためには人の暮らしに重要な役割を果たす「家」に関わる安心をたくさん考えて提供していく会社にならなければならないと考えています。

ですから、お客様との家づくりもいつも真剣勝負です。どんな家をつくりたいのか、どんな暮らしをしたいのか、何が大切で何が大切でないのか、どんな思いで私たちに家づくりを託したのか?お客様の思いをひとつでも多く知って、家づくりに反映していくことをいつも心がけています。当然、図面化された思いを工事監督にしっかりと引継ぎ、営業・設計・工事監督全員でお客様の家をしっかりと作り上げていきます。

当然家の完成まで、営業・設計・工事監督の三者がそれぞれの立場でより良いものとなるようにしっかりと考え続けます。そうすれば家はもっとよくなるのです。